高齢化に伴う人口減少とによる空き家の増加という問題

様々なシェアハウス630px100b

超高齢化社会の日本。人口は既に減少してきています。

地方での人口減少は特に大きく、空き家や賃貸住宅の空室の増加も増えていると言われています。

空き家、空室の増加は様々な問題を生みます。地方活性化のためにもこれらの問題に対処してゆく必要がありますが、近年注目されている有効な解決策の一つが「シェアハウス」です。

様々な業界の人々の交流も促進し、地域の活性化の大きな力になることが期待されています。

「シェアハウス」のメリットは、

・ワンルームのマンションやアパートより低家賃
・共有部が充実しており、様々な業界の方と交流ができる
・住まいをシェアハウスに活用。高齢者世帯の家賃収入が得られます。
・シェアハウスとして賃貸マンションや老朽アパート、空店舗や空ビルを再生。

などがあります。

シェアハウスを岡山の経済発展のために活用

家設計イメージ

例えば、家賃の負担。

現在賃貸住宅に住んでいる方にとっては家賃の支払いというのは非常に大きく、生活を圧迫している場合が多いと言われています。

しかしシェアハウスならその負担を減らすことが可能です。
地域の交流も促進され、業界、世代を超えた新たな交流・ネットワークづくりも促進されます。

私たちはこの「シェアハウス」が地元・岡山の経済発展のために果たせる役割は大きいと考えています。

私たちと一緒に岡山地区における「シェアハウス」の普及に取り組んで頂ける仲間を募集しています。

興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。

シェアハウスの普及に取り組んで頂ける仲間を募集中!!詳しくはこちら