高齢者が持ち家を手放すことを選択する理由とは?

高齢世帯180px130

現在日本各地で少子高齢化が進んでいます。特に地方における高齢化、空き家増加は大きな社会問題です。高齢者の世帯の住まいがそのまま空き家となっている例も多々あります。

高齢者の場合、都市部のマンションの方が生活する上で何かと便利なことが多いですし、介護が必要になれば老人ホームに住み替える方が安心ということもあります。

そのため現在持ち家に住まわれている高齢者の方々がマンションや老人ホームに住み変えられるケースが増加しています。

少子高齢化は岡山でも進んでおり、高齢世帯の住まいが「空き家」になってしまっている場合が少なくありません。老人ホームに住み替えれば介護サービスの点で安心ですし、介護は不要でもマンションのほうが何かと便利だったりと、現在持ち家に住まわれている方が住み替えを希望されるケースが増えています。

「老後の生活費をどうするのか?」という切実な問題

これまで住まわれてきた持ち家を手放して住み替えをする場合、持ち家の売却をすることになりますが、希望通りの価格で売却できる保証はありません。そうなると「老後の生活費をどうするのか?」という切実な問題に直面することになります。

定年退職後の長い「老後」を充実して過ごすには、貯金と年金だけでは不十分という話はよくあることです。

入居者の力を活用180px130

「シェアハウス」の様々な可能性

こうした問題に対する有効な解決策として私たちは「シェアハウス」をご提案しています。
一口に「シェアハウス」といってもその内容は様々で、住居としてだけでなく、スモールオフィスや、レンタルスペース、シェア型店舗など、様々な可能性があります。私たちはシェアハウスを通じて、地元・岡山の住環境の発展を応援します。

シェアハウスの普及に取り組んで頂ける仲間を募集中!!詳しくはこちら