実態は様々な「シェアハウス」業界

窓辺のソファ

「シェアハウス」という言葉もかなり広まってきましたが、実際には「シェアハウス」と言ってもその内容や運営の実態はまちまち、という場合が多いようです。

消防法の順守など、合法的に安全にも配慮してきちんとした運営をしているところもあれば、安全性などに問題のあるシェアハウスもあるようです。

しかしシェアハウスの良さを世の中に告知し、広めて行くためにはまず健全な運営を徹底して行く必要があると思います。

「シェアハウス」業界の健全な発展のために

ダイニングキッチン

万一、適切な運営のされていない「シェアハウス」で火災などの災害が発生してしまうと、きちんとしたシェアハウスを合法的にまじめに企画、運営されているところまで、その影響を受けることもあります。

コストのかさむ設備の設置を義務化されるなどした場合、コストの負担が増えれば、家賃を上げるなどしなければ採算が取れなくなるかもしれず、利用者に取っても不利益となり、結果として「シェアハウス」業界全体が損失を被ることにもなりかねません。

「シェアハウス」の普及の仲間を募集しています

窓辺のグリーン

私たちと一緒に岡山地区における「シェアハウス」の普及に取り組んで頂ける仲間を募集しています。興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。主な募集内容は下記の3つです。

【1】「シェアハウス」普及の仲間を募集

【2】「シェアハウス」用の物件情報募集

【3】「シェアハウス」の入居希望者募集

他にもシェアハウスに興味があある方はお気軽にご相談ください。
シェアハウス協会の岡山支部会員も増加しています。

詳しくはこちら→会員名簿 | 一般社団法人日本シェアハウス協会

シェアハウスの普及に取り組んで頂ける仲間を募集中!!詳しくはこちら