シェアハウス導入により資金的な負担を軽減

家とお金のイメージ

老朽化した住宅やアパート、マンションの再活用として「シェアハウス」という解決方法をご提案しています。

シェアハウス導入により資金的な負担を軽減しつつ様々な不動産物件を再生するプランも各種あります。

また、これから住宅を新築するという場合もシェアハウスとして活用することで家賃収入を得るという方法もあります。

「オーナー同居型のシェアハウス」とは?

人々とアルファベット

・老朽化した住宅を改築してシェアハウスにする
・これから建築する新築住宅をシェアハウスにする

などの方法でホームシェア、つまりオーナー同居型のシェアハウスとすることができます。

家賃収入が得られるので老後の収入源を持つことができたり、
新築住宅のローン返済を軽減したりすることができます。

さらに自然な形で交流の機会も得られるので、単調になりがちな暮らしに刺激と活力が得られる場いうメリットが期待できます。

老朽賃貸住宅の耐震化&空室対策にも

マンションと戸建て住宅イメージ

老朽化した賃貸住宅の耐震化や空室対策として「シェアハウス」として再生させるという方法もあります。

共用部(非賃貸)を作ることにより、入居者同士の交流の活性化による退去率の減少や、ワークシェアなどの「副収入付賃貸化」が期待できます。

戸建、集合住宅、空き店舗などの再生プラン各種あります